非エリート系TOEIC勉強法

英語を活かして USCPA をとろう!
次の記事:語学関連リンク集

スピード感覚の訓練

 時間だけは、唯一平等に与えられているとよく言われている。我輩も本当だと思う。スピードと意識して勉強することには、3つの利点がある。

,燭さん量をこなすことができる。
英語で理解するようになる。(日本語に訳さない。)
リスニングの強化にもつながる。(速読による効果)

 我輩の場合は、ストップウォッチを用意して勉強に望んだ。

 使った教材は、まずは初級者編で紹介した“文法と一緒に覚える基本英単語3000”をとにかく短時間で読む訓練をした。この練習法は、一度使用した教材であることで、比較的簡単なものが良いと思う。理由は、とにかく時間に意識をおくからだ。難しい単語ばかりだとすぐに詰まってしまって先に進まないでしょ。

 あと、我輩が使ったのはTOEIC TESTリーディング問題集。まずは、一通りスピードに焦点を当ててやってみる。たぶん、わからない単語とかでてくるがそれは飛ばして最後までスピード重視でやってみる。もちろん時間をきっちり計る。次に、しっかり内容を理解する。内容を理解したところでまた、速読を行う。時間を計る。それをしっかりノートに記録して推移をみると上達がわかりやすい。常に時間を意識してトライしてほしい。

 我輩の経験だがこの学習は色々なことに役に立つ。我輩の場合は、USCPAの試験である。これははっきりいって時間との戦いである。一問を約90秒で解かなければ合格は厳しいといわれている。特に、日本人の場合は英語を理解するのに時間が掛かる傾向にあるらしい。英語を理解することがゴールでないので如何に早く問題の中身の検討に移れるかが勝負のわかれめである。我輩は、スピード意識の訓練のおかげでこれを乗り切り合格することができた。

 その他中級者のためのお勧め教材

TOEICテスト イディオム応用編
TOEICテスト ボキャブラリー応用編

 基本編が終わってからがお勧めだが、リスニングと、単語力を一度に強化できる。

スポンサード リンク
次の記事:語学関連リンク集


スポンサード リンク
英語学習戦略 初心者編
英語を楽しめる環境作り
英語に慣れる
英語学習戦略 初級者編
ぼんやりとした、ビジョン描く
英語を楽しめる環境作りPart2
基礎単語力&基礎文法力
リスニング強化
英語学習戦略 中級者編
英語に対するビジョンを明確にし、ゴールを設定する
英語を楽しむ
ライバルをつくる
スピード感覚の訓練

「非エリート系TOEIC勉強法」のトップページへ